日本三大美人の湯

日本三大美人の湯

湯の川温泉

以下の3つの温泉は、日本三大美人の湯として知られています。
  • 湯の川温泉(島根)
  • 龍神温泉(和歌山)
  • 川中温泉(群馬)

由来は不明。「肌を白くする」という効能一覧に、この3つの温泉は含まれています。(肌を白くする効果は、どこからくるのか?)

 

湯の川温泉は三方を山に囲まれた閑静な地に湧く温泉です。出雲の言い伝えによると、神話の時代、大国の主命と恋に落ちた八上姫が、出雲の国に帰った命を追う旅の最中にこの温泉に立ち寄り、旅の疲れが癒えただけでなく一層美しくなったと伝えられています。温泉の泉質は炭酸水素塩泉で、弱アルカリ性です。周辺には358本もの銅剣や6個の銅鐸などを出土した荒神谷遺跡と博物館もあるので、観光にも良いところです。

 

川中温泉(群馬)の源泉名、その名も「美人の湯」。源泉温度は36度で、中性〜弱アルカリ性。泉質は炭酸水素塩泉で、無色透明です。加温してもぬるめの湯であるため、長い時間お湯に漬かっていても湯あたりしにくいと言われています。

 

龍神温泉(和歌山)は日高川沿いに位置する温泉卿です。開湯千三百余年の歴史ある温泉で、熊野信仰の昔から名湯として知られ、名は弘法大師が難陀龍王のお告げで湯を開いたことから付けられた。江戸時代には紀州藩の藩湯として栄え、今でも美人の湯として人気が高い温泉です。泉質は二酸化炭素泉で、弱アルカリ性の温泉です。美人の湯としての効能の他、冷え性、神経痛、肩こり等に効果があるとされます。

 

オリジナル薬湯 ヒバ オリジナル薬湯 しょうが オリジナル薬湯 ハッカ脳

薬湯,入浴剤

NEWオリヂナル薬湯 ヒバ 750g
生薬の甘草エキス、天然ヒバ油、皮膚保護剤のスクワランなどを配合。痔、しっしん、荒れ性でお悩みの方に。

薬湯,入浴剤

オリヂナル薬湯 しょうが 750g
しょうが、茴香(ウイキョウ)、陳皮(チンピ)などの各エキスを配合。冷え性、神経痛、疲労でお悩みの方に。

薬湯,入浴剤

NEWオリヂナル薬湯 ハッカ脳 750g
橙皮油、カンフル、ハッカ脳、ユーカリ油などを配合。筋肉の緊張をほぐしてくれるので、腰痛、リウマチ、肩こりでお悩みの方に。