日本三名泉

日本三大名泉

名湯,三大名湯

日本では昔から、
  • 有馬温泉(兵庫県神戸市)
  • 草津温泉(群馬県草津町)
  • 下呂温泉(岐阜県下呂市)

日本三大名泉と呼ばれてきています。

 

 

 

「そもそも温泉は本当に心身に良い影響を与えるのでしょうか?」

 

これに対する答えは「Yes」です。一般的に、温泉のような温かいお湯に浸かり、体を温めると、「熱ショックタンパク質(HSP:ヒートショックプロテイン)」と言われるタンパク質が生成され、体の抵抗力、自然治癒力が大幅に上がることが報告されています。(NHKの「ためしてガッテン」でもやっていましたよ。)

 

当然、抵抗力、自然治癒力のアップによって、疲労回復の効果がありますが、それだけではなく、一部の病気治療にも効き目があると言われています。昔から、温泉が万病に効くと言われてきたことが、現在科学的にも証明されつつあるんです。

 

こうした単純に体を温める効果だけではなく、日本三大名湯にはそれぞれ特徴をもった湯の効能もあります。例えば、
【有馬温泉】

  • 金泉: 皮膚病、やけど、切り傷、胃腸不良 etc
  • 銀泉(炭酸泉):神経痛、リウマチ、筋肉痛、婦人病 etc
  • 銀泉(ラドン泉):末梢動脈疾患、高血圧 etc

【草津温泉】

  • 神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病、うちみ、くじき、慢性婦人病・糖尿病、高血圧症、動脈硬化症 etc

【下呂温泉】

  • 神経痛、筋肉痛、関節痛等、運動機能障害、疲労回復、リウマチ、美肌効果 etc

 

それともう一つ、精神的な効果も大変大きいと言われています。日常の仕事や生活を少しだけ忘れて、気持ちよく入浴しながら、のんびりとした雰囲気を楽しむ。日本人にとっては、温泉宿でのんびりと過ごすことによるストレス解消効果が心と体の両方に良く効くみたいです。

源泉かけ流し

昔から三名湯は、非常に人気が高く、毎年多くの人々が訪れています。しかし最近では、そうした人気の陰で、湯量不足と泉質低下に苦しんでいる地域、旅館も実際にはあるようです。せっかく同じお金を払って行くのなら、源泉かけ流しの温泉を楽しみたいものですよね。

 

最近は、日本中の源泉かけ流し宿を詳しく調べて、紹介している本もあるので、参考にしてみるのも良いと思います。
源泉かけ流しの宿 2012 全国版―編集部が選びました (メディアパルムック)

 

もしくは、ネットの口コミなどをきちんとチェックして、評判の良い温泉宿を選びましょう。
地図から探せる!全国の源泉かけ流しの温泉宿

 

とにかくきちんと下調べをすれば、泉質、湯量、旅館の質、温泉街の雰囲気と全てを満足する温泉が日本にはまだまだたくさんあることがわかると思います。人気のある宿は、早めに予約をしないとなかなか部屋がとれなかったりするので、連休に温泉旅行をお考えの方は、十分に前もって温泉チェックをしてみてください。

 

オリジナル薬湯 ヒバ オリジナル薬湯 しょうが オリジナル薬湯 ハッカ脳

薬湯,入浴剤

NEWオリヂナル薬湯 ヒバ 750g
生薬の甘草エキス、天然ヒバ油、皮膚保護剤のスクワランなどを配合。痔、しっしん、荒れ性でお悩みの方に。

薬湯,入浴剤

オリヂナル薬湯 しょうが 750g
しょうが、茴香(ウイキョウ)、陳皮(チンピ)などの各エキスを配合。冷え性、神経痛、疲労でお悩みの方に。

薬湯,入浴剤

NEWオリヂナル薬湯 ハッカ脳 750g
橙皮油、カンフル、ハッカ脳、ユーカリ油などを配合。筋肉の緊張をほぐしてくれるので、腰痛、リウマチ、肩こりでお悩みの方に。